mod_vvisit_counter 本日 19
mod_vvisit_counter 昨日 41
mod_vvisit_counter 合計 146532

千葉市老人クラブ連合会について 組織の歩み

老人クラブは、会員が日常生活の中で、声をかけ合い、気軽に集ることができる地域の範囲で組織され、活動を展開していくことが原則です。

それと同時に、お互いのクラブが横の繋がりをもち、より良いクラブを目指して切磋琢磨していく事も大切な事です。

そのために、区老連・地区老連を構成し、市内の仲間と地域の特性を生かしながら「生活を豊かにする」「地域を豊かにする」共通の目的に向かい、活動を展開し情報交換をおこなっていく全体の架け橋が、千葉市老人クラブ連合会です。

そして、都道府県・政令指定都市老連とともに、全国老人クラブ連合会を結成し、全国の仲間と手を携えて「健康・友愛・奉仕」の3本の柱を軸に、地域に合った活動を展開しています。

◆ 千葉市老人クラブ連合会の歩み

  • 昭和37年 5月任意団体「千葉市老人クラブ連合会」が15クラブ、800人の会員で発足
  • 昭和57年10月千葉市老人クラブ連合会創立20周年記念大会開催 「会歌」「会章」を制定
  • 平成 4年 4月千葉市の政令指定都市制定により、6区にそれぞれ「区老人クラブ連合会」が発足
  • 平成 7年10月法人許可が交付され、「社団法人千葉市老人クラブ連合会」が発足
  • 平成11年11月千葉市ハーモニープラザに事務局を移転
  • 平成19年 1月公募により、愛称「きらめきクラブちば」を決定
  • 平成25年 4月一般社団法人千葉市老人クラブ連合会移行登記完了

ページのトップへ