mod_vvisit_counter 本日 43
mod_vvisit_counter 昨日 26
mod_vvisit_counter 合計 147018

第48回全国老人クラブ大会が開催されました。

令和元年11月26日(火)~27日(水)の2日間、埼玉県で全国老人クラブ大会が開催されました。

■1日目:彩の国さいたま芸術劇場にて

参加者:工藤さん(花見川区)、中谷さん(若葉区)、安藤さん(稲毛区)、事務局

前日の暖かさから一転して、開催日当日の気温は真冬並みの寒さとなりましたが、全国から老人クラブ会員約1,500名が集まり、会場は熱気であふれていました。

1日目は、活動交流部会として3つの部会に分かれ研修会が行われました。

 

第1部会『高齢者の健康づくり・介護予防活動の推進』

老人クラブでは、地域の高齢者とともに行う健康活動を通して、自立した生活、生きがいのある生活を目指して活動していますが、これからは疾病予防と併せて高齢者の生活機能低下を防ぐフレイル(虚弱)予防の活動の推進に向けて、高齢者が参加しやすい活動の場の拡大やプログラムの充実が求められています。

この部会では、健康づくり・介護予防活動を中心に事例発表がおこなわれました。

 

第2部会『高齢者の支え合い活動の推進』

現在、高齢者や障害者などすべての人が共にいきいきと生活をおくることができる「地域共生社会」の実現に向けた取り組みがすすめられています。

老人クラブでは、同世代の高齢者の暮らしを支える多様な生活支援、通いの場づくり、見守り支援、情報伝達などの取り組みを広げています。活動を推進するためには、活動に対する理解を広めるとともに、地域の関係者や関係機関と連携を図りながら進めていくことが大切です。

この部会では、高齢者の暮らしを支える友愛活動を中心に事例発表がおこなわれました。

 

第3部会『演じる活動』

この部会は、多くの老人クラブで取り組まれている、創作劇、コーラス、演奏、舞踊、伝統芸能などを舞台での実演発表とともに取り組みに至った経緯や日頃の活動状況について発表し、活動を通した仲間づくりや地域への広がりなどの成果を共有することを目的に実施されました。

今年度は6団体の発表があり、3部会の中で一番盛り上がっていました。

 

 

 

■2日目:大宮ソニックシティにて

2日目より、花見川区の石橋さんが参加され、式典がおこなわれました。

参加人数は、1日目を超す2,000人の参加、会場は満員です。

式典の前に、講演・アトラクションがおこなわれました。

講演「武蔵一宮氷川神社の歴史」

武蔵一宮氷川神社の権宮司 東角井 真臣 氏

 

アトラクション「新聞紙による彩の国伝統絵巻」

埼玉県川口市老連 さしまスローライフ

 

式典では、当会から1名と1団体が表彰を受けました。

 

~老人クラブ育成功労表彰~

千葉市老連理事 中谷 きよ(若葉区)

~100万人会員増強運動表彰~

シニア横戸台(花見川区) 会長 石橋 政信

~受賞おめでとうございます~

2日間の大会、怪我も無く無事解散することができました。

ご参加いただきました皆様お疲れさまでした。